合宿免許の注意点とは

合宿免許の最大のリスクは、2週間から3週間という短い期間で免許を取得してしまわなければならないということでしょう。

口コミやブログによると、きちんと授業に出て、まじめにやっていればまず落とすことはないと書かれています。

しかし、こういったブログは成功した人が書くものですので、中には失敗してしまった人もいるでしょう。

失敗してしまったら、およそ25万円が無駄に消えてしまいます。



合宿免許では、2週間から3週間という短い期間で免許を取得してしまいますので、上達が早いというメリットがあります。

通常の免許取得では、前の実習から1週間以上あいてしまうと前に習ったことを忘れていて、また1から教えてもらうということもよくあるようです。短期集中型であるため、習ったことが身につきやすいのがメリットです。しかし、短期集中型ということは、時間が空いてしまえばすぐに運転を忘れてしまうというリスクもあります。



合宿免許で免許を取る人は、その後すぐに車を運転するようにして、習ったことを忘れないようにしましょう。


強制退去させられてしまうという話もありますが、暴力沙汰などを起こさなければ基本的にはありません。結論として、合宿免許は短期で免許を取得したい人におすすめできそうです。
しかし、限られた期間内に免許を取れなかったらという不安もあることはたしかです。
また見知らぬ人との共同生活が怖い人は、通常のコースにしておいたほうが無難でしょう。


泊まる部屋は個室とは限らず、大部屋や相部屋ということもあります。

シングルルームが使える免許合宿プランもあります。